スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ:

シーズンを振り返って

2位で終了した2012-2013シーズンをコーチと選手に振り返って貰いました。

第一弾はコーチのレジ―・ゲーリーです。

<シーズンを振り返って -1>
ゲーリーコーチ


◆コーチ・ゲーリー
長いシーズンだった。アップダウンが有ったが、ダウンよりアップの方が多かった。3/4は素晴らしいプレーが出来ていた。
#2バーンズの怪我はチームにとって大きいもので、元に戻るまで長い時間が掛かってしまった。
#3蒲谷を初めとする選手の成長が嬉しく、#10パプがドンドンと大人になってくれたし、#7木村、#37河野ら皆が成長してくれて、チームに貢献してくれた。

個人の能力を引き出す、と言う意味ではビーコル程出来ているチームは他にないと思っている。
今シーズン始め、多くの人は「このチームで大丈夫なのか?」と心配していたが、我々はそんなことは思ってなかった。
サイズが無い(身長が低い)ことについて、どのようなチームにするかをシーズン前に考えたが、スピードが有り3Pシュートも入るので、私が学生時代(アリゾナ大)の94年にファイナル4(全米大学選手権準決勝)に進出した時、PGのデーモン・スタウドマイア(NBA、ラプターズ、スパーズ等で13年間プレー)は178㎝で、スモールフォワードの私も190㎝と小さかったので、それをサンプルにしてチーム作りをした。

・1番嬉しかった試合=ホームでの秋田第2戦、アウェーでの秋田戦も含め4勝出来たこと。
・1番悔しかった試合=ホームでの群馬第1戦、言い合いになって、後味の悪い試合だった。
・一番伸びた選手=#7木村、東京アパッチ時代は練習生だった。
・一番努力した選手=#10パプ、センターとしてサイズが無いのに頑張った。ステップアップしてくれ、一番アクティブで、それは選手間でも認めている。
・一番アンダーレイテッド(不当に低い評価)な選手=#3蒲谷。オールスターに入って可笑しくない選手で、リーグはもっと彼を認めるべきだと思う。bjでもトップ3に入るガードだと思う。

<プレーオフに向けて>
ディフェンス、そしてリバウンド。相手にシュートは一本しか撃たせない、つまりディフェンス・リバウンドをしっかりと取ること。
基本に忠実なプレーをすること。そして身体を休ませること。

タグ:

コメント

非公開コメント

公式サイトへGO
公式ブログ
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
タグクラウド
RSSリンクの表示
管理ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。