上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ:

昨日の敗戦は痛かった。
今日はTOを少なくして勝ちたい。

ビーコルは立ち上がりからZONE、対する富山はマンツー。
インサイドを攻める富山だがビーコルはそれをつぶす。
相変わらず点が取れないビーコルだが6分に代わって入ってきたばかりの#3蒲谷キャプテン、5分には#13山田が3P決め13-7とリードしたところで富山がCTO。

その後攻め倦むビーコル。富山はゴール下までアタックするもののボールを狙われてシュートまで行かなかったりシュ-トがリングに嫌われて得点できない。

第2Qホッティーがスタート。
今日もビーコルのディフェンスが良い。8分11秒、富山は無得点。
JBのDUNK出たー!!
19-13.

しかしオフェンスではどうしてもJBのところでボールが止まってしまいディフェンスが集中して攻められない。
その間富山は#31城宝が3P×2+上手いポストショットを決め19-20と逆転される。

その後は一進一退が続き、残り1分を切って29-30と1点のビハインドだったが、ココからJBがボールを持ちすぎターンノーバー(ミス)を連発!
JB君「Play Smart!」を忘れないように!!
29-33で前半終了!

前半ボックススコア
#24バーレル 10点 7リバウンド
#3蒲谷 6点 
#13山田 6点 2アシスト

富山 #31城宝 18点

後半 富山は上からプレス。積極的にゴールを狙ってくる富山。守れないビーコル。
8分1秒#50ブラウンにペネトレイトを決められ30-41とされたところでビーコルがタイムアウト。

それでも得点できなく30-45と差を広げられるビーコル。
5分やっと#13山田がペネトレイト、それにキャプテン#3蒲谷の3Pが続き35-45と差を縮める。

しかしJBへボールを集めるビーコルに対し富山は徹底してJBを守る。それでも攻めようとしてTOが多くなり攻撃リズムが作れないビーコル。
一方相変わらずペネトレイトで攻める富山。差が開いてゆく。
42-60とされ第3Q終了。

リズムが作れないビーコルはシュート・セレクションもよくなく、焦り気味。#13山田までシュートをブロックされる。
6分52秒、疲れが残る山田を下げ#73久山を出す。ディフェンスと3Pに期待だ!!

その後も同じ状態が続き、
3分55-76
2分55-81

61-85で負けました。残念ながら連敗です。
スポンサーサイト

テーマ : バスケットボール
ジャンル : スポーツ

タグ:bjリーグ 横浜 ビー・コルセアーズ バスケットボール

公式サイトへGO
公式ブログ
Twitter
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
タグクラウド
RSSリンクの表示
管理ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。